DroidKaigi2017に参加して感じた今後のAndroid開発

少し前ですが3/9〜10に行われたDroidKaigi2017に参加してきました。 講演内容の具体的な内容は以下の記事などまとめられているのでそちらを。

qiita.com

全体的な雑感

DroidKaigiは初めて参加したのですが、今までのAndroid開発からの変化を大きく感じ取りました。
あんざいゆきさんの講演で述べられていましたが、大規模高品質アプリが求められる中、1人での開発から複数人での開発にスタイル変化しつつあると。
そこでMVVMやMVPアーキテクチャやDDDなど設計力が求められるようになったと。
実際私の会社でも個人開発は消え、複数人開発のプロジェクトしか残っておらず同じ認識を持っています。

  • 複雑化したアプリに対応するためのMVVM/MVP、設計指針のためのDDD。
  • 各種アーキテクチャを取り込むことでレイヤー化されたクラス構造へのアクセス単純化の為のRx。
  • 規模が大きくなるとCIなどでビルド/リリースの自動化。
  • 見た目の良いViewを提供するためConstraintLayoutでの描画高速化
    といった風潮を感じ取りました。

あとはKotlinの登場ですね。
Javaのラッパー言語であるKotlinをAndroidでも採用するかどうか、皆悩んでいるようでした。
私は業務でKotlinを利用しているのですがドメインモデルが簡潔に書けるのでオススメです。コードがかなり綺麗になります。

まとめ

従来のJava+オレオレMVC+Retrofit+他OSSで作ればAndroidアプリ開発できていた時代と比べてみると、大きな変化を感じました。
個人的にはDDD、Kotlin、RxJava、CI、ConstraintLayout、MVVMの順番でキャッチアップしていかないとこの先辛いなぁという印象。

おまけ

サイバーエージェントさんがアンケート結果をアップしてくれていました。 設計が割れている所と、Kotlinへの関心からAndroid開発のスタイル変化を強く感じます。

f:id:paraya3636:20170325150817p:plain